元介護王子のブログ

ご挨拶(近況の報告・地元への恩返し気持ち)

ご挨拶(近況の報告・地元への恩返し気持ち)

ご挨拶(近況の報告・地元への恩返し気持ち)

ご訪問有難うございます。

最近 キーワード検索で このブログに来て頂ける方が多くなっている様なので
改めてご挨拶をさせて頂きます。

介護王子こと 元、介護人です。

今から5年前だろうか、、

介護を本格介護を初めて4年。

そして その両親がそれぞれ他界して、

最後の母の見送りから1年と4か月が過ぎた。

 

 介護が無くなった今、なかなか書く時間や介護ネタが無くなったので、

本ブログが放置状態でしたが、

お盆をきっかけに また介護を回想してしまった。。。

会社を潰して多額の借金を背負い、自分の自宅も差押えされ、
行き場がなくなって、実家に舞い戻ってから

父親のガンが見つかり、そこから の介護生活。

当初は 借金の返済のために

新たに事業を開始しようとしていた矢先の介護。

介護が大変大変とはいいながら 年金があったり 障害者手帳があったりと

何かと 金銭的には少額でも 定期的に収入があった。

親の有難さもここで痛感した。。。

その後

僕 (介護王子) 元介護王子としては、

介護を終え自由時間を手にしたので 
以前の様にビジネスの世界に戻れば良いのでしょうけれど、、

なぜか ビジネス(お金儲けの世界)に戻る気がしない。

また

地元で ある団体での役員を仰せつかり、

お金とは全く無縁の活動を行っていたら、 地元への愛着が生まれだした。

今までは
自分が生まれ育った街のはずなのに、
なぜか好きなれず、地元の事は全く考えなく生きてきました。

両親の介護を通じて ご近所の方々や地元の医療関係、福祉と関わり、恩返しがしたくなっておりました。

しかし

借金だけが残り、地元での商いはしてないので、収入と言えば、全く安定しないので

本来この状況だと不安になるところでしょうが、

不思議と 心が安定していてるのだ。

そして 都会でのビジネスの世界から遠のいたのだ。

すると

不思議な現象が起き出しました。

来月の収入も未定の中、毎月 生活費ぎりぎりのお金が回ってくる。

本当に奇跡の日々。

人はよく生かされている。というけれど、

奇跡の中で生きている実感を身にして感じ、

今は 世界の平和とすべての人や物が幸せになってもらいたい。

心からそう想えるようになった。

 

ビジネスしか知らない方々には 負け惜しみと思うかもしれないのですが

そんなことすら 関係なくなった境地であります。

だらだらまとまりのない挨拶ですが

最後まで読んでいただき有難うございます。

皆様にとってご多幸を心よりお祈り申し上げます。

合掌

平成29年8月17日

元介護王子

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status