元介護王子のブログ

ハートネットTV『母を介護した「奇跡の10年」町亞聖』

ハートネットTV『母を介護した「奇跡の10年」町亞聖』

ハートネットTV『母を介護した「奇跡の10年」町亞聖』

最近、NHKの『ハートネットTV』とEテレの『こころの時代』が連続録画してあり、タイミング良い時に観てます。

よって
ブログの書く日と
放映日と時間差がありますが、オンデマンドの時代。

いつでも観れるのであえて記載します。

に放映された番組です。

テレビをあまり見ない僕、元王子は フリーアナウンサー・町亞聖さんと言われてもピンと来なかった。

それよりも

18歳から介護をしたというので驚いた。

介護をしながら 弟や妹、更にはお母さん(要介護者)の面倒をみたというから
想像が出来ない位のご苦労をされたのだろう。

ご本人も「無我夢中だった」とそれだけ。

弟さんや妹さんが 伯母さんの作ってくれたから揚げを食べて美味しくて泣いていた(;_;)
と言う位の貧困でもあったというからすさまじさが感じ取れる。

今はフリーアナウンサーとなって
介護や医療の事を伝える。というお仕事をされているから
素晴らしいし、更には介護が意味有ったという事がよく分かる。

町さんが言った言葉で

心に残っているのは

「家は帰る場所」 だから 介護して当たり前だった。

今は 介護保険等があり 介護者にとっては確かに負担減にはなっているかもしれないが、

だからと言って 施設や病院に預けっぱなし とは 人として、

家族として、

亡くなってしまえば 後悔しか残らないと思う。。。

介護をされている方々へ

家は帰るところ

そこをお忘れなく・・・。

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status