元介護王子のブログ

認知症状「冷凍室の食べ物みんな解凍」

認知症状「冷凍室の食べ物みんな解凍」

認知症状「冷凍室の食べ物みんな解凍」

直近の話ではないのですが、

認知がひどくなると、症状や行動が我々健常者には想像ができないことが多々おきる。

例えば
母が冷蔵庫の中身をよくチェックしていた頃の話です。

冷凍保存をあまりしたがらない母は、僕が冷凍庫に

食材を入れると、よく 冷蔵庫の方に 移動して解凍をよくしていた。

それは

冷凍食品を電子レンジで チン 世代ではないので

自分の食べたい物を 冷蔵室で解凍するのが 日課だった。

当然その頃は相当口論をやりあいましたが

ある日
アイスが 冷蔵庫にあった時は驚いた。

一度溶けたアイスを 食べられるかどうかは分からないが

カップ物はすべて廃棄

ただ パピコみたいな袋入りの 一度溶けたアイス。

一応は冷凍室に戻し、実は今でもあるのだ

アイスは法律的に賞味期限がないというのだが、
一度溶けたアイスの品質管理はさすがにメーカーの免責だろう

そんな認知症状を この暑い季節に思い出す

こちら↓↓ポチッと 今何位になった?
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

↓ポチッと↓ご協力の程頂ければ嬉しいです

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status