元介護王子のブログ

お盆で想う事

お盆で想う事

お盆で想う事

毎年 当家のお盆は 早くに亡くした兄の迎え火、送り火が習慣だった。

昨年は母の新盆なので、当然行った。

しかし 今年は 誰もいない為、 自宅の盆飾りだけして 特に迎え火をせず、 気持ちだけお迎えすることにした。

また 12日は 菩提寺お坊さんによる棚行。

数年前から若い息子さんの時代になり まだ若いせいか、心がこもっている感がどうしてもしない。
そこで 断ってしまった。

(とはいえでも お寺とのお付き合いの為、お布施だけは 12日に墓掃除のタイミングで渡してきた。

 

迎え火をしないとなんとなく落ち着かないかと思いきや

ゆったりとした時間を過ごせている。

本日は このお盆のさなか知人の親の葬儀に参列してきた。

人は別れの時は悲しい。 しかし 時間が経つと、思い出として変わる。

 

 

更に

ご近所の方も新盆を迎え お参りに行ったのだが、湯飲み一つ置き場が変わっていない。

その空間だけが取り残された感。。。

亡くなられた霊魂は本当に そのままの家に帰りたいのだろうか。。。

まぁ 人それぞれの考え方。

残された人間が出来ることは 亡くなった方々への冥福あるのみ。

そんな ゆったりした気持ちでビール🍺を頂く!

献杯!

合掌

 

2 thoughts on “お盆で想う事

  1. ちお

    「人は別れの時は悲しい。しかし 時間が経つと、思い出として変わる」
    この言葉が印象に残りました。今年もお墓参りしませんでした。いとこに頼みました。
    父はあちらで、それなりに楽しくやってるんじゃないかと思っています。

    1. 介護 王子 Post author

      コメントありがとうございます

      僕も あえて 30年以上続いた お盆の迎え火、送り火をしませんでした。

      『千の風になって』ではないですが、

      「私のお墓の前で泣かないでください そこに私は居ません♪ 眠ってなんかいません」

      にあるように 霊魂がお墓にいては成仏が出来ていません。

      こちらにいる人間が出来ることは あの世で幸せになっていただくだけ。

      あの世のご先祖様に心配をさせないことだと思っております。

      という事は こちらで 僕たちは幸せでなければならいという事ですね(^^♪

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status