元介護王子のブログ

特養集団生活での最初の感想

特養集団生活での最初の感想

特養集団生活での最初の感想

先週母が入居する特別養護老人ホームに面会に行った。

母が入居する部屋に行ったら居なかったので、
食堂に居るとのことで、早速食堂へ

すると
母は テーブルに独り ただ座らされていた。

もちろん 誰と話すわけでもなく ぽつんと。

僕「よっ!」

母笑顔で「あんたの顔見るのが一番嬉しい
と言ってくれて

そんな 母に 母が好きなドリンクゼリーを飲ませていた。

次第に

食事の時間の為 各部屋から 入居者が集められてきた。

丁度 4人用のテーブルの反対側に 男性と 女性が座っていた時

あえて 僕は気にせず 母の方を見ていた時

女性が テーブルを叩き出した

すると 男性が よく分からない言葉で

おそらく 「黙れ!」と言ったのだろう

そんな やり取りをしている。

スタッフさん達が 居ない時このような光景なのだ。

その後

食事の時間になりそうだったのですが

なんとなく

スタッフさん達が 僕が居ることで やりずらそうなので

あえて

担当者さんに 「いない方が良いですよね?」

と聞くと

「お気遣いありがとうございます!」

という事だったので 、 食事前に帰ってきた。

認知症同士の 生活。

本当に動物園に近いものを感じてしまった

ポチッとご協力おねがいいたします

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村

こちらも引き続き

↓ポチッと↓ご協力の程頂ければ重ねて嬉しいです!

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status