元介護王子のブログ

家族の死で経験する不思議な現象

家族の死で経験する不思議な現象

家族の死で経験する不思議な現象

最近の住宅事情で親子も一緒に住まないのに

おじいちゃん、おばあちゃんとの3世代同居というものは、

本当にまれになってきている。

僕の親戚はそれなりに旧家が多いのだが、

そんな親戚も3世代同居は今は少なくなっている。

先日お盆が過ぎ、実は日本のお盆とは仏教から来たわけではないとされる。

事実 うちの菩提寺に新盆のことを聞いても、それぞれ地域の檀家さんに聞いている感じである。

なぜなら 日本はもともと 霊を信仰する民族であったからで、

宗教でもないのだ。

だからこそ それそれぞれ地域性があるのだ。

では

なぜ 霊を信じるか?

それは

家族に亡くなった方がいればおそらく経験があるだろう。

不思議な現象だ。

テレビや映画など オカルトは行きすぎとしても

悪意のない (怖くない) 不思議な現象は 必ず経験するはずだ。

もちろん

その不思議な現象が出たとき 「おじいちゃんだ!」「お母さんだ!」

とは言いきれはしないが、僕ら、私たちを守ってくれるような

感覚がある。

その感覚を経験することが、上記の住宅事情によって

家族や身内の死に対する経験が極端に少なくなった

 

と思う。

若いころ
「お盆なんて」と 思いながら海に遊びに出掛けていた時もあったが、

海に入っていたら間違えなく 足を人の手で掴まれた感じをした。

周りには誰もいないのにだ。

今でも憶えている

そんな若いやんちゃな時でも 不思議な事があると

「お盆だから~」

なんて 茶髪で ヤンキーな友達が言っていた事を思い出すと

なんか笑える

僕は老人介護を通じて(死に近づく人たち)に直接触れている。

もちろん

不思議な現象はたくさんある。

「信じるか信じないかはあなた次第!」

ではあるが

これは心の中で感じることだと 思うんだなぁ~

こちら↓↓ポチッとご協力いただくと嬉しいです
にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村
↓ポチッと↓ご協力の程頂ければ嬉しいです

本日も最後までお読みいただきありがとうございました

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status