元介護王子のブログ

亡くなっても存在する命という真実を感じて

亡くなっても存在する命という真実を感じて

亡くなっても存在する命という真実を感じて

NHK Eテレ「こころの時代 <禅僧ティク・ナット・ハン>」

第1回 「怒りの炎を抱きしめる」
2017年6月25日(日)午前5〜6時
再放送 7月1日(土) 午後1〜2時

第2回 「ひとりひとりがブッダとなる」
2017年7月2日(日)午前5〜6時
再放送 7月8日(土) 午後1〜2時

で 観た。

そもそも テイク・ナット・ハン師の事も知らなかったのだが

彼の経験、活動、功績は本当に波乱に満ちそして素晴らしいものである。

ベトナム出身で僧侶をしていたのだが ベトナム戦争下で仏教徒を弾圧され フランスに亡命。

その後 全世界から講和を頼まれ 超大手IT企業のgoogle社でも話しているから驚いた。

第1回は、紛争や対立、差別などの「怒り」をどう変容させたらいいのか、波乱に富んだ人生からひもとく。真髄はブッダの教えに基づく「マインドフルネス(今ここに存在する自分に気づく)」。自と他の区別をなくすことで、怒りを静め、社会を変えることができると説く。原点は、ベトナム戦争。教えを受けた高僧の焼身や弟子の殺害に苦悩し、暴力で対抗せずに慈悲の境地に至る。そして、キング牧師と共鳴、国際社会を変革していく。

第2回は
競争社会の中で、見失いがちな幸せや命への感謝。そこで、「マインドフルネス(今ここにいる自分に気づく)」により、立ち止まり、苦しみをも含め、自分を受け入れる。ひとりひとりがブッダとなり目覚めていくことの大切さを説く。そして、大切な人を失った現実をどう受け入れたらいいか、語る。「no birth,no death(すべての命は死ぬことなく、姿を変えて生き続ける)」。生死を超えた慈しみの世界を見つめる。

(公式ホームページより抜粋)

2回での
命は無くならい、形を変えて存在する。

ハン師自身も母の死の事で悩み、気づいた事を本にしたり話されて誰もが共感を生んでいる。

僕事も 父、母、兄 を亡くし、自分の子供の頃を知る人たちがはもうこの世には居ない。

しかし

なぜか
寂しいとは思わないし、いつでも交信できるような気がする。

ただこちらから両親、ご先祖様に伝えたいのは、「こちらでは日々頑張っているので心配しないで、どうぞ安寧の地で幸せお過ごしされてください」

と 祈るのみです。

この番組 2015年の放送のようですが、最近になりかなり反響を得て
再々放送になっているようです。

人間関係や家族の死なので苦しまれている方々には

是非 オンデマンドででも 観ていただきたい番組である。

 

生けるブッダ、生けるキリスト 〈新版〉

新品価格
¥2,268から
(2017/9/1 15:36時点)

2 thoughts on “亡くなっても存在する命という真実を感じて

    1. 介護 王子 Post author

      瞑想(呼吸)で自分への気付き。
      怒りや悲しみは 自ら作り出しているものなんですね。

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status